ま行の掛詞







● 増す -- 真澄鏡(ますかがみ)
「うつりけむ昔の影やのこるとて見るにおもひのます鏡かな」 (新古今)
● 待つ -- 松(松山、松虫など)
「たち別れいなばの山の峰に生ふるまつとし聞かば今帰り来む」 (古今集)
● 身 -- 実
「たよりあらば都へと思ふ落椎(おちしひ)のみのはらはらと雨も降り来ぬ」 (拾遺集)
● 御笠 -- 三笠(地名。三笠山など)
「大君の御笠の山の黄葉(もみちば)は今日のしぐれに散りか過ぎなむ」 (万葉集)
● 見馴れ -- 水馴れ
「衣川みなれし人の別れには袂までこそ波は立ちけれ」 (新古今)
● 行幸 -- 深雪・み雪
「小塩山深雪積もれる松原に今日ばかりなる跡やなからむ」 (源氏物語)
● 見る -- 海松布(みるめ)
「別れのみを島の海士の袖ぬれて又はみるめをいつか刈るべき」 (水無瀬殿恋十五首歌合)
● 身を -- 澪(みを)
● 身を尽くし -- 澪標(みをつくし/舟の航路の目印)
「わびぬれば今はた同じ難波なるみをつくしても逢はむとぞ思ふ」 (後撰集)
● 昔ながら -- 長柄(ながら/地名。長柄の橋、長柄の山など)
「春の日のながらの濱に船とめていづれか橋と問へど答へぬ」 (新古今)
● 目 -- 芽・和布(め)
「紫の色濃き時は目もはるに野なる草木ぞ別れざりける」 (古今集)
● 漏る -- 守る
「雨ならでもる人もなき我が宿は浅茅が原と見るぞかなしき」 (斎宮集)
● 漏り -- 守り
「秋の田にいほさすしづの苫をあらみ月と共にやもり明かすらむ」 (新古今集)
posted by 掛詞一覧 | 「ま行」ではじまる掛詞