や・ら・わ行の掛詞







● 山藍(やまゐ) -- 山井
「あしひきの山井の水は氷れるをいかなるひもの解くるなるらむ」 (枕草子)
● 行き -- 雪
「ゆきつもる年のしるしにいとどしくちとせの松の花さくぞ見る」 (古今集)
● 節(よ) -- 世 -- 夜
「難波潟短き葦のふしの間も逢はでこの世をすぐしてよとや」 (新古今集)
● 淀野 -- 夜殿(よどの)
「みまくさをもやすばかりの春のひによどのさへなど残らざるらむ」 (枕草子)
● 寄る -- 撚る(よる) -- 夜
「住の江の岸による波よるさへや夢のかよひ路人目よくらむ」 (古今集)
● 忘れ -- 忘れ草
「忘れ草つみてかえらむ住吉のきしかたの世は思ひ出もなし」 (後拾遺和歌集)
● 渡る -- 恋ひ渡る
● 小暗(をぐら) -- 小倉(小倉の山など)
「夕月夜小倉の山に鳴く鹿の声の内にや秋は暮るらむ」 (古今集)
● 惜し -- 鴛鴦(をし・あし/オシドリのこと)
「惜しとおもふ人やとまるとあし鴨のうち群れてこそわれは来にけれ」 (土佐日記)
● 女(をみな) -- 女郎花(をみなへし)
「秋の野にやどりはすべしをみなへし名をむつましみ旅ならなくに」 (古今集)
● 折る・折ら・折り -- 居る・居ら・居り
「にほふらむ花の都の恋しくてをるに物憂き山桜かな」 (後拾遺)