た行の掛詞

● 絶えて(副詞) -- 絶え(自動下二連用)
「逢ふことの絶えてしなくはなかなかに人をも身をも恨みざらまし」 (拾遺集)
● 立つ -- 裁つ -- 龍田
「風吹けば沖つ白波たつた山夜半にや君がひとり越ゆらむ」 (伊勢物語)
● 筑紫 -- 心尽くし
「日にそへてうさのみまさる世の中に心つくしの身をいかにせむ」 (落窪物語)
● 妻 -- 端(つま) -- 褄(つま)
「一人のみながめふるやのつまなれば人をしのぶの草ぞおひける」 (古今集)
● 摘む -- 積む
「小松原末の齢に引かれてや野辺の若菜も年を摘むべき」 (源氏物語)
● 露(副詞) -- 露(名詞)
「おほかたに花の姿を見ましかば露も心のおかれましやは」 (源氏物語)
● 時は -- 常磐(地名。常磐山など)
「思ひいづるときはの山の郭公(ほととぎす)唐紅のふりいでてぞ鳴く」 (古今集)
● 溶く -- 解く
「袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ」 (古今集)
● 床 -- 常夏
「君なくて塵つもりぬる常夏の露うち払ひいく夜寝ぬらむ」 (源氏物語)
● 訪へ(とへ) -- 問へ -- 十重
posted by 掛詞一覧 | 「た行」ではじまる掛詞