さ行の掛詞







● 寒し -- 狭筵(さむしろ)
「きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む」 (新古今集)
● 鹿 -- 然(しか)
「わが庵は都のたつみしかぞすむ世をうぢ山と人は言ふなり」 (古今集)
● 忍ぶ -- 偲ぶ -- 忍(草の名)
「ももしきやふるき軒端のしのぶにもなほあまりある昔なりけり」 (続後撰集)
● 忍(しのぶ/草) -- 偲ぶ -- 信夫(地名。信夫山)
「陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れんと思ふわれならなくに」 (古今集)
● 潮垂る(しほたる) -- 潮垂る(泣く、嘆くの意味)
「老の波かひある浦に立ち出でてしほたるる海人を誰れかとがめむ」 (源氏物語)
● 知ら -- 白(白雲、白露など)
「あし鴨の騒ぐ入江の白浪の知らずやをかく恋ひむとは」 (古今集)
● 知らな -- 白波
「天の川浅瀬しら波たどりつつ渡りはてねばあけぞしにける」 (古今集)
● 過ぎ -- 杉
「一筋に馴れなばさてもすぎの庵に夜な夜な変わる風の音かな」 (新古今)
● 鈴 -- 鈴鹿(鈴鹿山) -- 鈴虫
「鈴鹿山うき世をよそにふりすてていかになり行くわが身なるらむ」 (山家集)
● 住む(住ま・住み) -- 澄む(澄ま・澄み)
「立田山月すむ峯のかひぞなきふもとに霧の晴れぬかぎりは」 (山家集)
● 住み -- 墨染め・住の江
「同じ世にまたすみのえの月や見む今日こそよそにおきの島守」(増鏡)
● 住み良し -- 住吉
「住吉と海人は告ぐとも長居すな人忘れ草おふと言ふなり」 (古今集)
posted by 掛詞一覧 | 「さ行」ではじまる掛詞