か行の掛詞







● 鏡 -- 鏡山
「鏡山みねよりいづる月なればくもるよもなき影をこそ見れ」 (金葉集)
● 掛かる・懸かる -- 斯かる(自動ラ変連体)
「牡鹿鳴く秋の山里いかならむ小萩が露のかかる夕暮」 (源氏物語)
● 掛け -- 懸け
「よひよひにぬぎて我がぬる狩衣かけて思はぬ時のまもなし」 (古今集)
● 筺(かたみ) -- 難み(かたみ) -- 形見
「などてかくあふごかたみになりにけむ 水漏らさじと結びしものを」 (伊勢物語)
● 甲斐(甲斐なく、など) -- 峡(かひ)・貝
「伊勢島や潮干の潟にあさりてもいふかいなきは我が身なりけり」 (源氏物語)
● 帰る -- 帰る山(かへるやま/地名。越前の歌枕)
「越えかねて今ぞこし路ぢをかへる山雪ふる時の名にこそありけれ」 (千載集)
● 刈り -- 仮り(仮初め、仮寝など)
「かり枕をざさが露のおきふしになれて幾夜のありあけの月」 (玉葉)
● 枯る・枯れ(枯れ果て・枯れゆく) -- 離る・離れ(かる/離れはて・離れゆく)
「山里は冬ぞ寂しさまさりける人目も草もかれぬと思へば」 (古今集)
● 木(なげ木、など) -- 嘆き
「春雨はふりにし人のかたみかも嘆きもえいづるここちこそすれ」 (道命阿闍梨集)
● 着(き/着たる・着つつ・着て) -- 来(き/来たる・来つつ・来て)
「唐衣きつつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ」 (伊勢物語)
● 聞く -- 菊
「音にのみきくの白露 夜はおきて昼は思ひにあへずけぬべし」 (古今集)
● 口無し -- 梔子(くちなし/植物。染料になる)
「山吹の花色衣ぬしやたれとへどこたへずくちなしにして」 (古今集)
● 暗 -- 暗部山(くらぶやま/地名。鞍馬山の古称で歌枕)
「わが恋にくらぶの山のさくら花まなくちるともかずはまさらじ」 (古今集)
● 来る -- 繰る
「名にし負はば逢坂山のさねかづら人に知られでくるよしもがな」 (後撰集)
● 苦し -- 繰る
「伊勢の海の海人の釣り縄うちはへて苦しとのみや思ひわたらむ」 (古今集)
● 心尽くし -- 筑紫(つくし)
「日にそへてうさのみまさる世の中に心つくしの身をいかにせむ」 (落窪物語)
● 心細く -- 細く
「いとによる物ならなくにわかれぢの心ぼそくもおもほゆるかな」  (古今集)
● 言の葉 -- 葉
「今はとて我が身時雨にふりぬれば言の葉さへにうつろひにけり」 (古今集)
● 恋(こひ) -- 火
「かくとだにえやは伊吹のさしも草さしも知らじな燃ゆる思ひを」  (後拾遺集)
● 恋ひ渡る -- 渡る
「難波江の葦のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき」 (千載集)
● 恋路 -- 小泥(こひぢ/泥のこと)
「袖ぬるるこひちとかつは知りながらおりたつ田子のみづからぞ憂き」 (源氏物語)
● 樵る(こる) -- 懲る
「かねてよりおもひし物を伏し柴のこるばかりなるなげきせんとは」 (千載集)
posted by 掛詞一覧 | 「か行」ではじまる掛詞