百人一首に見る掛詞 その1







●1番 天智天皇
秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ
あきのたの かりほのいほの とまをあらみ わがころもては つゆにぬれつつ

掛詞:「かりほ」は「刈穂」と「仮庵」の掛詞
意味: 秋の田圃のほとりにある仮小屋の屋根を葺いた苫の編み目が粗いために、私の着物の袖は夜露に濡れていくばかりだ。

●8番 喜撰法師(きせんほうし)
わが庵は都の辰巳しかぞ住む 世をうぢ山と人はいふなり
わかいほは みやこのたつみ しかぞすむ よをうぢやまと ひとはいふなり

掛詞:「うぢ」は「憂し」と「宇治」の掛詞
意味: 私の草庵は都の東南にあり、こんなに心静かに暮らしている。それなのに世間の人々はここを世を憂えて籠もる宇治山だと言っているのだ。

●9番 小野小町
花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに
はなのいろは うつりにけりな いたづらに わかみよにふる ながめせしまに

掛詞:「ふる」は「降る」と「経る」の掛詞、「ながめ」は「長雨」と「眺め」の掛詞。
意味: 春の長雨を眺めているうちに桜はむなしく色あせてしまった。(日々物思いにふけって過ごしているうちに、私の容色も衰えてしまった)

●10番 蝉丸
これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関
これやこの ゆくもかへるも わかれては しるもしらぬも あふさかのせき

掛詞:「あふ」は、「逢ふ」と「逢(坂)」の掛詞
意味: これがあの、都から下る人も都へ帰京する人もここで別れては出逢い、知っている人も知らない人もここで別れては出逢うという、逢坂の関なのだなぁ。

●14番 河原左大臣(かはらのさだいじん)
陸奥のしのぶもぢずりたれゆえに 乱れそめにしわれならなくに
みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに みだれそめにし われならなくに

掛詞:「そめ」は「染め」と「初め」の掛詞
意味: 陸奥のしのぶもじずりの乱れ模様のように、私の心は乱れている。誰のためにそうなってしまったのでしょう、私のせいではないのに。

●16番  中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)
立ち別れいなばの山の峰に生ふる まつとし聞かば今帰り来む
たちわかれ いなばのやまの みねにおふる まつとしきかば いまかへりこむ

掛詞:「いなば」は「往なば」と「因幡」の掛詞、「まつ」は「松」と「待つ」の掛詞。
意味: 今あなたと別れて因幡の国に行ったとしても、稲葉山の峰に生えている松ではないが、あなたが待っていると聞いたらすぐに帰ってくるよ。

●18番 藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)
住の江の岸に寄る波よるさへや 夢の通ひ路人目よくらむ
すみのえのきしによるなみよるさへや ゆめのかよひちひとめよくらむ

掛詞:「よる」は「寄る」と「夜」の掛詞
意味: 住の江の岸に寄る波の「よる」という言葉ではないが、夜の夢の中でまで、あなたは人目を避けて通ってきてくれないのでしょうか。

●19番 伊勢
難波潟短き蘆のふしの間も 逢はでこの世を過ぐしてよとや
なにはがた みじかきあしの ふしのまも あはでこのよを すぐしてよとや

掛詞: 「ふしのま」は「節と節の間」と「短い時間」の掛詞
意味: 難波潟に生えている芦の短い節の間のような、わずかな時間でさえあなたに逢うことができずに、一生を過ごせというのですか。

●20番 元良親王(もとよししんのう)
わびぬれば今はたおなじ難波なる みをつくしても逢はむとぞ思ふ
わびぬれは いまはたおなじ なにはなる みをつくしても あはむとぞおもふ

掛詞:「みをつくし」は「澪標」と「身を尽くし」の掛詞。
意味: あなたに逢えずこんなに辛く思い悩んでいるならどうなっても同じことだ。今は難波の澪標(みおつくし)の言葉のように、身を捨ててでもあなたにお逢いしたいと思います。

●22番 文屋康秀(ふんやのやすひで)
吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ
ふくからに あきのくさきの しをるれは むへやまかせを あらしといふらむ

掛詞:「あらし」は「嵐」と「荒らし」の掛詞
意味:吹くとすぐに秋の草木がしおれるので、それで山から吹く風を嵐(荒らし)というのでしょう。
posted by 掛詞一覧 | 百人一首と掛詞-1